【画像多め】ポケモンバーチャルフェストのレビュー【パーク編】

Clusterさんにて、ポケモンバーチャルフェストというイベントが開催されました。

この記事では、8/12の開催初日にポケモンバーチャルフェストへ行ってみた感想を書き連ねていきます。


VR機材(HTC Vive)持ちで、VRSNS歴現在三年目の私の視点で、ポケモンバーチャルフェストがどんな感じのイベントだったのかを書いていきます。

かなり画像が多くなっていて重いと思います。ご注意ください。
また、写真は全てVR機器を使って撮影を行っています。


ポケモンバーチャルフェストとは

バーチャル空間上にオープンしたポケモンのテーマパークで遊ぼう、という企画です。

ソードアートオンラインや様々な企業企画を開催しているClusterさんの企画の1つで、2020年8月12日~8月30日まで開催されています。

VR機器は必須ではなく、パソコンやスマホからでも気軽に遊びに行けるので、ポケモン好きな方は是非一度遊びに行ってみてください。

マイク設定は初めからOFFになっていて、ポケモンバーチャルフェストではONにできない仕様となっているため、声を出すのが恥ずかしいという人も安心して遊べます。


ミッション

開催中は順次ミッションが解禁されていくので、開催当日の12日はもちろんミッション1だけが遊べる状態になっていました。

ミッション1は迷路の中で文字を見つけて正しい文章を作るというものでしたが、ネタバレになるので詳細は割愛しますね!

説明によれば、1プレイ40分程度を想定されているとのこと。

ただ野良の人が紛れていると、答えを事前に知っていてぱっぱと答えを合わせて先に行かれたりすることもあるので、これは友達といったり、一人でじっくりと遊ぶ方が楽しめると思います。


テーマパーク

ミッションとは別にテーマパークゾーンがあります。


ミッションの達成度合いに応じて新しく施設が解禁されていくということらしく、現在は広場と大観覧車のみ入れる状態になっていました。

あと4つのアトラクションが解禁を待っている状態のようですね


広場ではポケモンのスタンドポップがいろんなところにあるので、記念撮影をしたりして遊べます。

アシマリの頭をなでたり
マホイップと同じポーズをとってみたり


ポップコーン屋さんや風船を配るぬいぐるみピカチュウも配置されていました。

ポップコーンもぐもぐ
風船がでかい!


今後の解禁に期待

「どんどん拡張されていく今までにないテーマパーク」ということで、まだ1/4ほどしか遊べていない状態でちょっと物足りなさは感じていますが、今後の追加アトラクションとミッションの内容に期待!といった感想です。

この記事を読んで興味を持たれた方、ぜひポケモンバーチャルフェストに足を運んでみてください。

VRは要りません。

スマホでも、パソコンでも簡単にアクセスできます。

これからいろんなイベントがバーチャル空間で行われるようになるので、まずはその第一歩をポケモンで体験してみましょう!

それでは!


タイトルとURLをコピーしました