DeFiって何?素人目線で解説!

DeFiって言葉を耳にしたけど一体何なの?
DeFiの解説サイト見たけど全然わかんなかった・・・
これって儲かるものなの?

私も気になってDeFiを調べてみたんですが、まぁみんなとっても複雑なことをさらさらと話していて全くわからん!状態でした。

そこで、この記事では、DeFiとはどういうものなのかを全然分からないながらも一生懸命に調べてみて、全く分かんない人目線でなるべくわかりやすいように解説してみました。


DeFiとは

Decentralized Finance(分散型金融)の略。

分かんない。分散型金融って言われても何なのかぜんっぜん分かんない。


これは逆の言葉からイメージすると分かりやすいかも。

分散型金融の逆は、中央集権型金融

中央集権型金融というのは、今主流になっている銀行や証券会社に対して、個人がお金を預けたり株式を買って預けているところのこと。

その逆ということは、個人が個人にお金を預けたり株券を預けたり引き出したりするようなこと、というイメージです。

個人にお金を預けると言っても、お金をそのまま見ず知らずの誰かに預けるということではありません。

ブロックチェーンという超優秀な暗号化技術によって、お金のデータを暗号化していろんな人に持ってもらうというものです。

渡された1人1人は断片的なデータしか持っていないので、そのデータからお金を作ることはできません。

渡した自分自身には、暗号からお金を作るためのカギが渡されるので、そのカギによって預けたお金を手元に戻して再度お金を作り出すことができるといった仕組みです。


この仕組みのスゴイところは、国や企業に依存せず、誰でもどんな人でも利用できるというところ。

「あなたの国は株式の取引はできないですよ」とか「お金持ってないんだからお金は貸せませんよ」といったことが起こらないんです。企業の判断とか国の判断は無いから。

もちろん、不正行為に対する対策も行われてはいて、そのあたりはブロックチェーンの事を調べてみることをお勧めします。

更に、企業が間に挟まらないので手数料は原則かからないという点も魅力です。


DeFiでどんなことができるか

では、実際にDeFiではどんなことができるのか。

DeFiでは、トークンという言葉が使われます。

ボードゲームなどではおなじみな用語で、使われ方もゲームと同じです。

つまり、通貨や物品を価値の統一された「モノ」として扱うんです。

これはビットコインをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。(ビットコインもDeFiの1つです。)

日本円でも、ドルでもユーロでも、ビットコインという「トークン」を購入することができます。

そしてビットコインは通貨と同じように、モノを買う時の支払いに使えるんです。ピザを買ったりパソコンを買ったり、

そしてビットコインは通貨と同じように、モノを買う時の支払いに使えるんです。ピザを買ったりパソコンを買ったり、DMMへ課金したり。
(もちろん店側がビットコインで払えるシステムに対応している必要はあります)

そして、DeFiは対応するシステムさえあれば、どんなものでもトークン化できるんです。

現金に株式、家や車の権利書、芸術品やただのガラクタの所有権だってトークン化できます。

そして世界中のどこに居てもそれをトークンでのやり取りで売却、購入することができるんです。

しかも国を跨いでも、通貨ではないので為替のレート変化は関係ありませんし、仕切っている人も居ないので手数料も要りません。

これが、DeFiが今さまざまな分野で注目されている理由です。

個人商店がトークンとして株を発行して、個人がその株を買う、なんてこともできる未来があるそうです。


何が起きているのか

今世界は新型コロナウィルスによって経済に大きなダメージを受けています。

これに対して日本やアメリカは、「大量にお金を発行する」ことでダメージを押さえようとしています。

しかし、お金が大量に発行されるということは、お金の全体の総数が増えるということ。

お金の全体の総数が増えるということは、お金の価値が下がるということに繋がります。いわゆるインフレです。

インフレにはどう対抗するのか、それは「お金をモノに変える」ことです。

価値の変わらないモノに変えてしまえば、資産を守ることができるんです。

例えば、2020年では1万円で金を100g買えたのに、2030年では1万円では金を50gしか買えないようになっていたとすると、2020年に1万円で買った金100gを2030年に売れば、2万円になって戻ってくるということです。

お金を持っていても価値がどんどん下がってしまうのなら、モノに変えよう!ということで、今「金」の価値が過去に無いくらい上がっているそうです。

そして、金だけではなく、モノであるDeFiのトークン(つまりビットコインなどの仮想通貨など)が注目されているんです。

ビットコインは無限に排出されているものではなく、数に限りがあるので、欲しいのに手に入らない人は高いお金を出してビットコインを買い求めます。

安い時にビットコインを買っていた人は、高い値段で求めている人に売れば、差額で儲けられる、ということです。


これは私が観測できた部分だけの話なので、あくまで今市場で起きていることのほんの一部だと思ってください。

実際にはもっと色んな思惑とトークンがうごめいているんだと思います。


一部では2017年の仮想通貨ブーム以上に値段が動く事態が来ているんだと騒がれているようなので、この流れに乗ってみるか、静観してみるかは、各個人でしっかりと情報を手に入れて、自己責任で判断して行動するようにしてください。


タイトルとURLをコピーしました