おだんご砲撃術は徹甲榴弾に効果無し。何故バグが起こったか考察【モンハンライズ】

モンスターハンターライズがVer2.0となり、ライトボウガンで徹甲榴弾を連射する装備が流行っています。

そんな中、話題になっているバグがあります。

こちらの動画で検証がおこなわれていました。

特定の食事を行った時に付与されるはずの効果が反映されないというバグです。

今回はどうしてこんなバグが起こってしまっているのかを、ゲームデバッガーやゲーム開発者の視点から紐解いていこうと思います。

おだんご砲撃術が徹甲榴弾に乗らないバグ概要

今回のバグの概要をまとめると以下の通り。

食事で「おだんご砲撃術」を発動させてもボウガンで撃てる「徹甲榴弾」のダメージが増えない

まずは「おだんご砲撃術」「徹甲榴弾」の仕様をそれぞれ見ていきましょう。

食事スキル「おだんご砲撃術」の仕様

おだんご砲撃術(ドッカンキツ大福)に書かれた効果は以下の通り。

・徹甲榴弾の爆発や、ガンランスの砲撃ダメージなどが上昇する。

弾「徹甲榴弾」の仕様

徹甲榴弾の仕様は以下の通り。

  • モンスターに刺さり一定時間後に爆発する弾
  • 刺さった時に小さなダメージ、爆発した時に大きなダメージが入る
  • 頭部に爆発が当たれば気絶させることができる

ダメージは武器の攻撃力によって変化します。

バグの解説

おだんご砲撃術には「徹甲榴弾の爆発のダメージが上昇する」と書かれていますが、おだんご砲撃術を発動させても実際には徹甲榴弾のダメージは上昇していません。

動画内の検証結果は以下の通り。

おだんご砲撃術無し

  • 徹甲榴弾Lv1:着弾ダメージ2 爆発ダメージ24
  • 徹甲榴弾Lv2:着弾ダメージ2 爆発ダメージ34
  • 徹甲榴弾Lv3:着弾ダメージ2 爆発ダメージ48

おだんご砲撃術有り

  • 徹甲榴弾Lv1:着弾ダメージ2 爆発ダメージ24
  • 徹甲榴弾Lv2:着弾ダメージ2 爆発ダメージ34
  • 徹甲榴弾Lv3:着弾ダメージ2 爆発ダメージ48

竜撃弾やガンランスの砲撃には、ちゃんとダメージ上昇効果が適用されているため、徹甲榴弾限定のバグということになります。

バグの考察

ガンランスなどには効果が入っているのに、何故徹甲榴弾だけダメージの上昇が発生しないバグが起きてしまっているのかを考察していきます。

ゲーム制作の観点からありそうな点は以下の4つです。

可能性1:テキストの使いまわし

実は徹甲榴弾のダメージを上昇させるつもりは無かったが、前作のテキストを流用していたのでそのまま記載が残ってしまっていたというケースがありえます。

動画の最後にも紹介されていますが、前作モンスターハンターワールドでは似たような食事スキル「ネコの砲撃術」というものがありました。

シリーズ作品の場合、前作と同じ仕様をそのまま持ってくるときはテキストもそのまま持ってくるケースが多いです。

おだんご砲撃術は、ネコの砲撃術と結構文言は変わっていますが、概ね似たような文章構成になっているので、テキストをそのまま持ってきてる可能性が高いです。

バリスタはテキストで対応したけど、徹甲榴弾を消し忘れていた、なんてことも十分にあり得ます。

可能性2:計算場所を間違えた

ダメージ上昇のための計算を爆発ではなく着弾のダメージに入れてしまっているというケースも考えられます。

動画の竜撃弾の威力から見るに、おだんご砲撃術の上昇率は1.15倍程度と見られます。

おだんご砲撃術無し
おだんご砲撃術有り

本来は爆発する時のダメージに1.15倍を掛けるはずが、着弾のダメージにのみ1.15倍を掛けてしまっていて、

2*1.15=2.30ダメージ 

となってしまい、小数点以下が切り捨てられて2ダメージと表示され、効果が無い状態に見えてしまっていたという可能性があります。

可能性3:ダメージの属性が開発途中で変化した

開発している最中に徹甲榴弾の爆発が他の爆発系のダメージと属性が変わってしまったというケースも考えられます。

ここでいう属性というのは、カテゴリー分けと捉えて貰えると分かりやすいと思います。

ゲームを作る際は処理を簡単にするため、ダメージをカテゴリー分けして分かりやすくします。

例えば、モンスターハンターには尻尾を切るという要素がありますが、太刀のこの攻撃が尻尾に当たった時~片手剣のこの攻撃が尻尾に当たった時~と1つ1つの行動が尻尾を切れるかどうかを細かく判定していると処理が重くなってしまいます。

そこで、太刀や片手剣のモーションに「切断」という属性を付与し、「切断」が尻尾に当たった時には切れるよ、という判定をプログラミングするわけです。

今回の徹甲榴弾も「爆発」といった属性が付与されているはずですが、この爆発がモンスターハンターライズでは2種類に変化した可能性があります。

モンスターハンターシリーズには、「大砲」や「バリスタ」といったフィールドギミックがあり、これらは前述した「ネコの砲撃術」によってダメージが上がっていましたが、今作の「おだんご砲撃術」ではダメージが上がらなくなりました。

そして、開発途中に何らかの手違いで、徹甲榴弾に付与される属性が、本来は「竜撃砲」などと同じ爆発の属性のはずが、大砲やバリスタと同じ「フィールドギミックの爆発」と同じものになってしまった可能性があります。

ただし、類似するスキル「砲術」では、竜撃砲などと同様に徹甲榴弾の威力が上昇しているので、もう一つ違った属性の付与のされ方をしている可能性もあります。

可能性4:竜撃弾と間違えた

動画の方でも言われているように、徹甲榴弾と竜撃弾を間違えた可能性もあります。

竜撃弾にはスキルのダメージ上昇効果が乗っているためです。

テキストの流用にも関わりますが、そこまで仕様に詳しくない人がテキストを担当していた際などに、ボウガンで撃てる弾=徹甲榴弾だな、と勘違いして、竜撃弾と書き換えなければいけないところをそのままにしてしまった可能性があります。

このバグは今後修正されるのか?

明らかに記載されている内容と食い違っているので、このバグは今後修正される可能性は高いと思われます。

ただ、徹甲榴弾にダメージ上昇が乗るという修正以外も予想されるので注意してください。

なぜなら、ゲームのプログラムを弄るよりも、テキストだけを変えてしまった方が、新たなバグを内包したりゲームバランスを崩すこともないので楽だからです。

今から徹甲榴弾の爆発にダメージ上昇効果を付与するよりも、おだんご砲撃術の説明から「徹甲榴弾の爆発や、」の文言を消したり、徹甲榴弾の文字を竜撃弾に変える方が断然楽なわけです。

今ライトボウガンの徹甲榴弾をメインに使っている方は、そこまで期待せずに待った方がいいでしょう。

まとめ

今回は明らかに書かれている内容と仕様が食い違っているバグの考察となりました。

多くの場合は、書いてあることが本来やりたかった仕様で、何らかの確認ミスにより、ゲーム内に入ってなかったというケースとなります。

今回もそういうケースかと思いますが、既にリリースされてしまった状態で月1で追加コンテンツを配信するというかなりなハードスケジュールの中、このバグがどう修正されるか個人的に気になるところです。

最後に、バグの発生原因のホントのところは開発者にしか分かりません。あくまで個人的な予想、考察であるという旨ご承知おきください。

モンスターハンターに限らず色んなバグの考察をやっていけたらと思うので、何か気になってるバグとかあればコメントに残していってくださーい!考察するかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました