アフィリエイトに関する考察/考えまとめ

アフィリエイトとは

ブログなどのHPに企業の広告を張って、そのリンクから商品の購入、サービスの契約を行う人がいれば、紹介料としてHP運営者にマージンが入るというシステム。

主に商品の直接的な紹介、または関連する事象に絡めて商品紹介を行うのが主流。

例えば、「仕事をやめたい」と思っている人に読まれる記事を書き、結論として「転職サイト」や「退職代行サービス」「個人での仕事請け負いサイト」の紹介を行う。

大切なのはWin-Win-Winの関係を築くこと。

  • 記事を読んだ人はサービスを使うことによって現状が変化し幸せになる。
  • 広告主はサービス利用者が増えて儲けが出て幸せになる。
  • サイト運営者は紹介料が貰えて幸せになる。

読者を騙すような記事を書いたり、無理やりな誘導を行うとLose-Lose-Loseの関係になる。

  • 騙された人に良い未来は訪れず、サービスもすぐに解約してしまう。
  • 広告主は利用者が増えない、騙された人のクレーム対応や炎上になる。
  • サイト運営者は記事を書いた時間が無駄になり、紹介料も撤回される。

どういう視点で書けばいいのか

商品を売るコツと同じ。こちらの書籍から学んだことをまとめる。

大前提として、欲しいものを欲しい人に売れば売れる。

まずは自分が売りたいものを明確に決める。

元々自分が詳しい分野の商品やサービスがとっつきやすい。

とっても売りたい!これに関しては詳しくなれる!というのなら知らない商品でもいい。

売りたい商品を決めたら、その商品の特徴を把握する。

  • どんな商品なのか
  • その商品の一番売りになる点は何か/強みは何か
  • 類似する商品はあるか
  • 類似する商品より優れている点/劣っている点は何か
  • どんなシーンで使うことが想定されているか

次はその商品の従来の想定ターゲット以外で欲しがる人を探す。

転職サイトなら転職したがっている人にサービスが届くような努力をしているでしょうし、VR機器の販売店はVRに興味のある人達に向けてPRを打っている。

そこに被るようなアプローチをブログでしてもそこまで効果的じゃない。

Google検索結果では一番上に企業の広告がでてくるだろうから。

なので、転職サイトを紹介したいなら「老後資金に不安を持ってる人」とか「人生がつまらなく感じている人」に向けた記事を書く。

VR機器なら「新しい遊びを求める人」とか「旅行したいけどできない人」「大型テレビを置けない人」に向けた記事を書く。

視点やターゲットなど軸をずらすことで様々な角度からのアプローチができるようになる。

ターゲットを決めたら、その人がこの商品を買うことでどんな未来が待っているかを丁寧に説明する。

商品のメリットではなく、そのメリットが何をもたらしてくれるかが大事

人は商品を買うためにお金を払うのではなく、幸せになるためにお金を払う。

こんな幸せが欲しいと思っている人にドンピシャで響く幸せな未来を説明できれば、Win-Win-Winの関係か築ける。

記事のタイトルを目を引くものに

HPは検索してたどり着く人がほとんど。

自分が商品を紹介したい人が、記事を見て「え?何それ気になる」と思えるタイトルを記事につけておけば、その記事は読まれる。この時点で80%成功している。

どうしてそのワードで検索しようと思ったのか、そのワードを含めながら、真の意図と気持ちに届くような記事タイトルを付けることでクリックされて読まれる。

どんなキーワードが良く検索されているかは、ラッコキーワードさんなどで確認可能。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

より詳細な情報が知りたい場合はGoogleのキーワードプランナーで確認が可能。

リサーチツールを使って適切なキーワードを選びましょう | Google 広告
キーワード プランナーを使って、Google 広告キャンペーンで使用する適切なキーワードを選びましょう。

狙うキーワードが決まったら、その検索結果の上位10件を確認する。

検索結果には企業枠、動画枠、個人枠などざっくりとした振り分けが行われている。

個人枠が少ない場合は、その個人枠の席を奪い合うということになる。

同一キーワードの記事はなるべく調査し、どんな内容でどんなアプローチをしているかを詳しく調べた上で、自分の記事のオリジナリティーを出していくのが良い。

キャッチコピーの作り方に関しては書籍に詳しく載っているのでそちらを参照。

まとめ

アフィリエイトは個人がただ広告を張って儲けるものではなく、読者と企業と自分がWin-Win-Winの関係を築くことで真価を発揮するシステムである。

売り方は商売と同じで、そのサービスを欲しがる人に対して上手くアプローチすること。

ストレートなアプローチではなく、変化球的なアプローチを行っていくことが大切。

記事にアクセスし読まれれば8割成功したようなもの。クリックしたくなる、悩みにぴったりフィットして「気になる!」と思わせるタイトルを付けるべし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました