ゲームマーケット2021春の収支報告

ゲームマーケットに出展してる人って儲けてるの?
どれくらい売れてるの?
参加費用はいくら?

こんな情報を知りたい方に向けた記事となっています。

2021年4月10日、11日の二日間にわたって行われたゲームマーケット2021春に私の所属するサークル「littledesert」も個人出展として参加していました。(当サークルは10日のみの参加)

入場時間をずらす施策こそありましたが、午前午後で別れたりはせず、前回に比べて参加者が結構じっくり回れる感じだったようです。

今回はゲームマーケット2021春で販売していた当サークルのゲームがいくつ売れ、売上はどのくらいあったのか、経費はいくらかかっていたのかなど詳細なお金の流れを書いていきたいと思います。

これからボードゲームを作りたい、ゲームマーケットで出展したいという方は参考にしていただければ幸いです。


ゲームマーケット2021春の収支報告

ゲームマーケット2021春での収支をまとめていきます。

■収益

まずは収益、つまりどのゲームがいくつ売れたのかを発表します!

「原価」はそのゲームの量産に掛かった印刷費や材料費です。
サークル員から発生するイラスト料金やゲームデザイン費用、人件費は加味していません。

ゲーム値段原価持ち込み数売れた数利益
Jackpot4500円1916円15個7個18,088円
Fanatic Witch Hunt2500円1281円26個5個6,095円
56 -Gothics-2000円1122円53個14個12,292円
合計36,475円

今回は今までと比べてかなり売り上げは少なかった感じです。

やはりコロナの影響が強かったかのか、参加者の数がだいぶ少なかった雰囲気があります。

この記事を書いた時点ではまだ参加者数は出ていませんが、以下のページで今までの数が公開されています。

『ゲームマーケット』公式サイト | 国内最大規模のアナログゲーム・ テーブルゲーム・ボードゲーム イベント
国内最大規模のアナログゲームイベント『ゲームマーケット』公式サイトです。


■支出

続いて支出、ゲームマーケットに参加する際に発生した諸経費を発表!


■支出

内容費用備考
ゲムマ参加費17,600円コロナ影響により2スペース購入が必須化
交通費25,170円京都-東京間 新幹線往復 一人分
宿泊費5,400円コロナ影響により割安
輸送費10,340円ゲームとブース設営道具をいれた段ボール3個の往復
合計58,510円

今回移動費は京都-東京間にして行きをこだまにしてみました。

一人分だったんですが、ちょっとのぞみの料金が高くなってる感じです。

宿泊費が安くなってくれるのはありがたいですが、参加費の上昇でトントンという感じですね。


■収支合計

おまたせしました!収益-支出を出してみます。

  36,475円-58,510円=-22,035円

というわけで、今回は22,035円の赤字という結果になりました!キビシイ!


まとめ

ゲームマーケット2021春に出展した際の収支計算を発表しました。

合計22,035円の赤字となってしまい、ちょっと今後のことを考えないといけない感じの結果になっています。

新作も考案中ではありますが、形にするのはもう少し後になりそうですし、コロナの情勢も落ち着くか分からないため次回イベントに向けた活動を何かしていかないと・・・という感じです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この内容が少しでもボドゲ製作活動の参考になれば幸いです⭐

コメント

タイトルとURLをコピーしました